読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

構造設計を妄想する

いつか我が家をみずから設計することを夢見て今のうちからノウハウを蓄積しとく。構造設計ですけどね。

仕様規定一覧

構造設計 建築基準法

仕様規定の一覧です。

 注)【耐久】:耐久性等関係規定を示す。【除外】:保有水平耐力計算の場合に除外される規定を示す。(数値は該当する項、号を示す。)

 

第1節 総則

  • 令36条(構造方法に関する技術的基準)【耐久】
  • 令36条の2(誓いを除く階数が4以上である鉄骨増の建築物に準ずる建築物)【耐久】
  • 令36条の3(構造設計の原則)【耐久】

第2節 構造部材等

  • 令37条(構造部材の耐久)【耐久】
  • 令38条(基礎)【1,5耐久】
  • 令39条(屋根ふき材等の緊結)【1耐久】

第3節 木造

  • 令40条(適用の範囲)
  • 令41条(木材)【耐久】
  • 令42条(土台及び基礎)
  • 令43条(柱の小径)
  • 令44条(はり等の横架材)
  • 令45条(筋かい)
  • 令46条(構造耐力上必要な軸組等)
  • 令47条(構造耐力上主要な部分である継手又は仕口)
  • 令48条(学校の木造の校舎)
  • 令49条(外壁内部等の防腐措置等)【耐久】

第4節 組積造

  • 令51条(適用の範囲)
  • 令52条(組積造の施工)
  • 令54条(壁の長さ)
  • 令55条(壁の厚さ)
  • 令56条(臥梁)
  • 令57条(開口部)
  • 令58条(壁のみぞ)
  • 令59条(鉄骨組積造である壁)
  • 令59条の2(補強を要する組積造)
  • 令60条(手すり又は手すり壁)
  • 令61条(組積造のへい)
  • 令62条(構造耐力上主要な部分等のささえ)

第4節の2 補強コンクリートブロック造

  • 令62条の2(適用の範囲)
  • 令62条の4(耐力壁)
  • 令62条の5(臥梁)
  • 令62条の6(目地及び空胴部)
  • 令62条の7(帳壁)
  • 令62条の8(堀)

第5節 鉄骨造

  • 令63条(適用の範囲)
  • 令64条(材料)
  • 令65条(圧縮材の有効細長比)
  • 令66条(柱の柱脚)
  • 令67条(接合)【1除外】
  • 令68条(高力ボルト,ボルト及びリベット)【4除外】
  • 令69条(斜材,壁等の配置)
  • 令70条(柱の防火被覆)【耐久】

第6節 鉄筋コンクリート

  • 令71条(適用の範囲)
  • 令72条(コンクリートの材料)【耐久】
  • 令73条(鉄筋の継手及び定着)【除外】
  • 令74条(コンクリート強度)【耐久】
  • 令75条(コンクリートの養生)【耐久】
  • 令76条(型わく及び支柱の除去)【1耐久】
  • 令77条(柱の構造)【二~六除外】
  • 令77条の2(床版の構造)【2除外】
  • 令78条(はりの構造)【除外】
  • 令78条の2(耐力壁)【1三除外】
  • 令79条(鉄筋のかぶり厚さ)【耐久】

第6節の2 鉄骨鉄筋コンクリート

  • 令79条の2(適用の範囲)
  • 令79条の3(鉄骨のかぶり厚さ)【耐久】
  • 令79条の4(鉄骨鉄筋コンクリート造に対する第5節及び第6節の規定の準用)

第7節 無筋コンクリート

  • 令80条(無筋コンクリート造に対する第4節及び第6節の規定の準用)

第7節の2 構造方法に関する補則

  • 令80条の2(構造方法に関する補則【耐久】【除外】
  • 令80条の3(土砂災害特別警戒区域内における居室を有する建築物の構造方法)
広告を非表示にする